ワードプレスのこと

入れておきたいプラグイン7選

ワードプレスサイトを立ち上げたら、まず最初に入れておきたいプラグインを紹介します.

↓プラグインについては、こちらの記事で説明しています。↓

[clink url=”https://kira-na.com/182.html”]

 

では、プラグインを1つずつ説明していきます。

TinyMCE Advanced

TinyMCE Advancedは、ワードプレスの投稿画面のビジュアルエディタの機能を拡張してくれるプラグインです。

ビジュアルエディタのデフォルトの状態だと、文字の大きさを指定したり、マーカーで装飾したりができません。

TinyMCE Advancedは、自分が必要な機能のみをを選んで入れることができ、並べ替えもできるので、使いやすくなります。

設定も簡単で、入れたい機能のボタンをドラッグするだけです。
一度設定してしまえば、無料ブログのように文字に装飾して記事を書くことができます。

 

Broken Link Checker

リンク切れを教えてくれるプラグインです。リンク切れがあると、設定のところで登録しているメールアドレスにお知らせが届きます。

記事数が増えると、一つ一つリンクを確認することは大変なので、Broken Link Checkerを入れておくと便利です。

 

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerは、画像のファイルサイズを自動で圧縮してくれるプラグインです。

画像ファイルが大きいと、サイトの表示速度が遅くなります。表示速度が遅いサイトは、検索エンジンの順位にも影響します。

既にアップロードした画像も、圧縮することができます。

 

Contact Form7

Contact Form7は、ワードプレスサイトにお問い合わせフォームを設置するプラグインです。

お問い合わせホームがあると、お客様からコンタクトを取りやすくなるので、設置しておくと良いです。

 

PS Auto Sitemap

PS Auto Sitemapは、サイトマップを自動で作ってくれるプラグインです。

サイトマップとは、投稿記事一覧や固定ページを1ページにすべて表示してくれる、もくじのようなものです。
古い記事もすぐに見つけることができるので、訪問者が見たいページを探すのに役立ちます。

 

Akismet

Akismetは、スパムコメントを自動で判定して、振り分けてくれるプラグインです。

英語のスパムコメントが大量に送り付けられた経験はありませんか?
そのような不快なコメントを目に触れないようにしてくれます。コメント欄を開放しているサイトには必要なプラグインです。

 

WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patchは、ワードプレスをインストールしたらデフォルトで入っているプラグインです。

ワードプレスは、元々、海外のツールです。
だから、日本語を使うと、文字化けしてしまいます。
WP Multibyte Patchは、その文字化けを防いでくれるプラグインです。

有効化するだけなので、他の設定は必要ないので簡単です。

 

入れておきたいおすすめプラグインまとめ

以上、7つのプラグインを紹介しました。

まず最初に、これらをインストールして、必要であれば、その他のプラグインを入れるといいです。

あまりたくさんのプラグインを入れると、動作が重くなってしまいますので、注意してください。

LINE始めました

LINE@に登録してくださった方限定で
無料ダウンロードできるPDFを3つプレゼント!

◎セラピストが集客する前に絶対に知っておきたい!重要な3つのポイント

◎LINE@を活用したサロンの最新成功事例

◎SNSの投稿を見込み客に見てもらおう!反応が高い時間帯を属性別にまとめたデータ

LINE@登録はこちらから
↓  ↓
http://bit.ly/2osAGp5

◎スマホの場合は「追加」ボタンをタップ

◎パソコンの場合はQRコードが表示されるので、
スマホでQRコードをスキャン。
もしくは、スマホのLINEを立ち上げて、
虫眼鏡マークをタップして

LINE ID検索→@kumi88

と入力して検索してください。
(必ずアットマークも入力してください)

登録完了後、無料レポートのURLをお送りします。

LINE@登録で
1時間1万円のZOOM個別相談を無料プレゼント中!!

個別相談を希望される方は、LINEに登録後
個別相談」とメッセージを送信してください。